◇◆◇新着記事◇◆◇
フェラーリvsFIA-2010/07/15(Thu)
・イギリスのシルバーストーンサーキットで行われたレースを観た人は知っとると思うけど、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)とロバート・クビサ(ルノー)が途中競り合っ

そりゃ、そんな時もあるわな-2010/07/14(Wed)
・ま、マエケンじゃいうても、勝率は100%じゃないんじゃけんのう。負ける時じゃってある。イチローだって、3割バッターじゃが、3回に2回は凡打してアウトになっとるわけ

3DでJリーグ中継!しかも生!-2010/07/13(Tue)
・スカパー!HD、またはスカパー!光 に加入すれば(またはしてれば)、Jリーグの公式戦が3D映像で楽しめるようになるで~。ただ、地デジ対応のテレビじゃないと意味がないそ

パウル君 的中率100%!-2010/07/12(Mon)
・ドイツオーバーハウゼン水族館の占いタコ「パウル君」、W杯の予言をするとかで有名になったが、このたびドイツ戦を中心に、予想した試合全部当ておった!パウル君の優勝予

王者巨人、4連敗!-2010/07/11(Sun)
・3位中日に3タテ食らわされた王者ジャイアンツ。どないしたん?ゴンザレスも藤井もオビスポも、全くええとこなしじゃったのう。とにかく、点が取れてない。ラミちゃんが打っ

ハンドしたら得点?-2010/07/10(Sat)
・まだ検討段階らしいが・・・いわゆる、明らかな得点シーンを故意のハンドで防いだ場合、相手に得点を与える・・・かも、というルールができるかも。まあ、ほぼ今のは反則が

タコの占い師が物議!-2010/07/09(Fri)
・ドイツにあるオーバーハウゼン水族館に、占いタコがおるらしい(ぷぷっ!)名前はパウル君。今までドイツの試合を全部的中させとる・・・らしいで(笑)いや、タコのパウル

オランダvsスペイン-2010/07/08(Thu)
・FIFAワールドカップ2010もいよいよ決勝戦!前評判通り、決勝まで進んだオランダと、無敵艦隊スペイン!どっちが勝っても初優勝じゃな。オランダは過去2回、決勝まで進んど

疑惑のゴール・・・またもや-2010/07/07(Wed)
・正直、またかよ・・・って感じじゃの。ワールドカップサッカー、ウルグアイvsオランダの試合、オフサイドポジションにおったファンペルシーが、余計なことせにゃええのに、

ラミちゃん、手加減せえよ・・・(^^;)-2010/07/06(Tue)
・正直、2アウト取った時にゃ、「おー、岸本もやるのう」と思ってしもうた。不覚!あれよあれよちゅう間に逆転まで持って行かれたのう・・・(>_

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑


FIFAワールドカップ2010もいよいよ決勝戦!

前評判通り、決勝まで進んだオランダと、無敵艦隊スペイン

どっちが勝っても初優勝じゃな。

オランダは過去2回、決勝まで進んどるが、いずれも負けとる。

3度目の正直とばかり、優勝を文字通りもぎ取りにくるじゃろうな。

過去の優勝国は、ブラジルやイタリアが多いようじゃな。

スペインは過去に決勝戦まで進んだ事はないけぇ、これまた勢いに乗って優勝しにいくじゃろう。

まあ、ワシが優勝じゃと予想しとったアルゼンチンから4点もぎ取ったドイツを下して勝ち進んできとるからな。

スペインの鉄壁の守りを、重戦車オランダ軍団がどう突破するかのう。

とにかくワールドカップ南アフリカ大会は誤審が多いけえ、決勝戦で歴史的な誤審がないように祈るのみじゃな。

この大会を期に、ビデオ判定なりなんなりの審判の判定についての議論が高まって、何らかのアクションがあるやもしれん。

判定に関するサッカーの歴史も変わるかもしれんのう。

今のサッカーの現実は、いろんなところで誤審があって、それがまかり通っとるけん、それだけでも進歩する事を願うばかりじゃの。

次回のワールドカップは、最も優勝回数が多いブラジルでやる事は決まっとるそうじゃ。

4年後は、きわどい判定は全部ビデオで、ちゅうのが当たり前になっとるかもしれんな。


07/08|スポーツ全般||TOP↑

正直、またかよ・・・って感じじゃの。

ワールドカップサッカー、ウルグアイvsオランダの試合、オフサイドポジションにおったファンペルシーが、余計なことせにゃええのに、ちょいと空振りするフリをしてしもうたわけじゃ。

完全にプレーからはずれときゃ、ここまで言われんかったのに・・・。

結局スナイダーのゴールがそのまま認められてそれが決勝点になったわけじゃが、誤審の多い大会になったようじゃのう。

ビデオ判定とかを取り入れるべきじゃないか?

相撲なんぞ、大昔からビデオ判定を取り入れとるで。

野球もビデオ判定を採用したばっかりじゃし、やっぱ正当な判断はその場の瞬間じゃ難しいと思う。

所詮、人間が見とるんじゃけ、間違いはあるわな。

今回はスーパースロー映像とかがようけ流れたが、文明の利器はルール判定に使ってもええんじゃないか?





07/07|スポーツ全般||TOP↑

ワールドカップサッカーも、いよいよベスト4じゃな。

岡田ジャパンは、ここに残ろうとがんばってきたみたいじゃが、顔ぶれみるとちょっと・・・ねぇ(笑)

それにしても、アルゼンチンがドイツに4-0で負けるとはのう。

あれだけのスター揃いのチームじゃけ、無事に国に帰れるかのう。心配になってくるわ。

特にメッシ。今大会、結局ノーゴールじゃ。

得点王狙っとったはずなのに、気付いたら「ワシ、何しにきたん?」状態。

それにしてもドイツはすごいのう。

そんなんに大会前、評判高かったかいな?

あと、できればオランダに勝ってほしいのう。

ま、理由はわかると思うが。

問題は日本代表。

日本代表の平均年齢は28歳くらい。

ドイツなど、強豪国は25歳くらいが平均らしい。

つまり、次の大会以降の選手が日本は育ってないそうじゃ。

ただ、個人技が通用する時代ではなくなりつつあるけん、そういった意味じゃ、組織力を強化すればワールドクラスで戦えるはず。

もう、メッシを見たらわかるとおりじゃ。

とはいえ、ドイツのクローゼを見ると、ゴールの量産。基本的には個人のレベルアップは必要なんじゃけどね。

いつまでも今大会の日本の活躍に浸っておる場合じゃなく、時期の日本代表と監督を早急に決めて、それに向かった強化していかにゃならんと思う。

ここまで来てしもうたら、ほんまにベスト4を目指せるチーム作りをみんなが本気で考えにゃいけん。




07/05|スポーツ全般||TOP↑

怪物が死んだ・・・。

あのオグリキャップが、北海道で安楽死。

どうやら、種馬を引退後、放牧馬として余生を過ごしていたらしいんじゃが、脚を骨折したらしゅうて、そのまま安楽死させられたみたいじゃ。

オグリキャップの人気はすごかったのう。

ワシもオグリキャップのぬいぐるみを3000円出して買ったことがあるが・・・。

地方競馬から中央競馬に昇進した、たたき上げの馬じゃった。

落札された時は100万円くらいじゃったらしい。
生まれつき脚が少し曲がっとって、誰も見向きもせんかったそうじゃ。

じゃが、持ち前の気の強さと、何としてでも前を走ろうとする根性の塊のような性格で、地方で負け知らずになって中央に上がってきた。

いつも同じ葦毛のタマモクロスと1,2着を争っておったのう。

じゃが、馬主が変わったり、借金返済のために強行スケジュールで走らされたりして、いくら丈夫なオグリとはいえ、いつか怪我するんじゃないか?っつうて、みんなが本気で気の毒に思っとったのう。

タマモクロスは優雅に引退、種馬として早々と悠々自適な生活に入ったが、オグリキャップは借金返済の為に気の毒なくらいの使われ方をして、それでもどこも怪我せずに必死で走っておった。

じゃが、やっぱりそんな強行なスケジュールじゃ、オグリもさすがに疲れが取れんかったのか、出るレース出るレース、馬群に沈む・・・そんなレースが続いたんじゃ。

日本中の競馬ファンは、気の毒に思いつつも「オグリの時代はもう、終わったんじゃ」と思うようになっとった。

そんなおり、オグリが引退レースをすると発表した。

そのレースこそ、1990年の有馬記念




誰もがオグリの10着以下、ヘタすると故障するんじゃないか?っちゅう雰囲気のなか、それでも引退のはなむけに、「いままでありがとう」って気持ちを込めた馬券がまあまあ売れたんじゃ。

で、あれだけダメダメじゃったのに、人気は4番くらいじゃったかのう。
とはいえ、完全にご祝儀馬券じゃったがの。ワシも買った(笑)

じゃが、第4コーナー回ってから、バリバリじゃった頃の脚に近い末脚見せて、まさかの1着ゴールイン!

もう、オグリキャップの「意地」と「根性」を見た気がしたわ。

なんやコイツ、やっぱ、バケモンじゃのう、と思ったのう。

その後は種馬、放牧馬として生活しとったわけじゃが。

25年間の生涯、やっぱ、脚折るとサラブレッドはいずれにしても死ぬしかないけんのう。

お疲れ、オグリキャップ

忘れられない馬じゃった。

安らかに。



07/03|スポーツ全般||TOP↑

サッカーワールドカップ決勝トーナメント、PKで決着ついたのう。

いや~、ええ試合じゃった。

あの岡田ジャパンが(失礼!)PKまで相手を追い詰めるとはのう。

まあ、結果は負けじゃったが、どっちかが勝ってどっちかが負けるわけじゃけん。

結果よりも、日本代表の活躍、日本中を元気にしたっちゅう事においては、本当に感謝したい気分じゃ。

駒野のPKは残念じゃったが、そんなことはどうでもええんじゃ。

PK戦なんぞ、所詮は運。

勝敗決めるための、「じゃんけん5回勝負」みたいなもんじゃけぇのう。

それよりも、今大会初のPK戦まで日本代表が戦った、この事実を大切にせにゃいけん。


この大会で日本代表がここまで、ランキングが格上の相手を苦しめ続けたのは、やっぱ監督・コーチ・スタッフ・選手の一体感じゃろうな。

それプラス、ファンの熱い思い。

本田はやっぱりすごい選手じゃのう。

インタビューでもまず第一に、ファンへの感謝の言葉を言うとった。

本田は日本中の思いと共にチームの一体感を、自らの姿勢で主張しとったな。

今回のチーム、本田がいて本当によかったと思うのう。

大会本番直前でチームの組織をガラッと変えた岡田監督が、最初は自暴自棄になったんか?思うたがのう(笑)

じゃが、それまで控えじゃった選手をレギュラーにして、特に中村俊介と玉田圭司がはずれたのは、監督は気が狂うたんか、思うたがの。

しかしほんま、この不景気でしょんぼりしとる日本中に、岡田ジャパンが明るい元気をくれたようで、まだまだがんばらんといけん、ちゅうやる気を起こさせてくれたような気がするわい。





06/30|スポーツ全般||TOP↑
最新記事


カテゴリ


検索フォーム
リンク
QRコード
QR
金融取引
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。